クレジットカード活用方法

クレジットカードが更新されない理由とは?

クレジットカードは、大体、1年間毎の更新になります。その場合は、クレジットカードの継続を辞めるという意思表示をしない限りは、自動的にカードが送られます。ですが、この場合にカードの更新が行われずカードが届かない場合もあります。これは、どういうケースが考えられるのでしょうか?

第一に考えられるのは、クレジットカードを作ったものの、一度も利用していないという事です。「あれ?確かにカードを利用してはいないけど、カード会社も損してないじゃない」そう思ってしまいますよね。ですが、実際には、会員費無料カードであっても、顧客管理の維持費で幾らかの負担が出ています。

これが、ゴールドカードならば、年会費の収入があるので、更新停止ないのですが、年会費無料では無収入です。ですから、一度も利用のない休眠顧客の維持費を無駄に払うよりは、更新を止めてしまおうとカード会社は判断するのです。しかし、安心して下さい、一度でもカード利用の履歴があれば、更新されない事はありません。

それよりも問題なのが、支払いの遅延です、決済が滞ってしまうと、カード会社は、顧客にクレジット=信頼を与えられなくなります。そこで、最悪の場合には、カードの更新を中止してしまうのです。こうなってしまうと、今後、カードを作るのも極めて難しくなってしまいます。

クレジットカードは、色々な用途がある便利なものですが、そこには信用が付着している事を忘れてはいけません。くれぐれも、支払いの遅延には気を付けましょう。