クレジットカード活用方法

クレジットカードの歴史

人間の歴史は、貨幣の登場から急速に進歩、発展してきました。貨幣のない物々交換の昔は、流通は大変に不便でした、特に生鮮品は腐敗が早く、取引が成立しないとリスクが高すぎたのです。そのような状況を克服した為に、産み出されたのが、宝貝や、金属製の貨幣でした。長い期間に渡り外容が変化しない、金属や宝貝は、物との引き換えに打ってつけだったのです。

その内に、取引量が増大すると、今度は貨幣を持ち歩くのも大変で、かつ盗賊などの脅威にもあいやすくなります。13世紀のヨーロッパでは、そのような被害を回避する為に、信用手形が発達していきます。各都市に両替商を兼任した銀行の前身が創立されると、ここが窓口になり、手数料を取って手形の払い戻しを行います。これが世界最初のクレジットカードとも言えます、クレジットとは、日本語で信用を意味する言葉だからです。

20世紀も半分を過ぎると、世界はインターネットで繋がり、大量の貨幣が数値化して、瞬時に世界を飛び回るようになります。こうして、登場してきたのが、カードに磁気情報を読みこませたクレジットカードなのです。1887年、「顧り見れば」というSF小説の中で、エドワード・ベラミーという作家がクレジットカードの概念を想像しました。

しかし、夢物語と思われたクレジットカードの発想は、それから60年を経過して実現したのです。「より便利により快適に、」最初に貨幣が造られた時に考えたであろう思想は、今も、変わらず進化し続けています。